クオーツガラスコーティングは半導体の絶縁膜として活用されていたガラスコーティング膜を自動車ボディ用に改良したもので1999年に発売となり現在に至るまで絶大な人気を得ています

クオーツガラスコーティングは半導体の絶縁膜として活用されていたガラスコーティング膜を自動車ボディ用に改良したもので1999年に発売となり現在に至るまで絶大な人気を得ています。

パーヒドロポリシラザン(無機質のポリシラザン)が主成分のクォーツガラスコーティングは、スプレーコーティングにより大気中の水分と反応しシリカガラスに転化します。 1ミクロン以下の薄い無機質のガラス膜で覆われたコーティング面は油性の汚れを寄せ付けにくく、長期間保護されることとなります。自動車のボディで考えると、クォーツガラスコーティングが施工された塗装表面は、排気ガスや煤煙など油性の汚れを塗装表面に入り込まず、コーティング面に付着する汚れを水洗いで簡単に落とすことができるので、いつも汚れにくい車を実現させるのです。形成されるシリカガラスは無公害で焼却されても埋められても熔解されても問題がなく、また高い防汚機能により洗車回数を減らすことから環境を配慮した商品と言えます。

クオーツガラスコーティングは、絶縁性や耐熱性、親水性など9項目の優れた性能、性質
  • 絶縁性  例えば、セラミックなどが絶縁体として利用されています。クオーツガラスコーティングも半導体の平坦化絶縁膜として、既に10年以上前から使用されています。
  • 耐熱性  石英ガラスの耐熱温度は1300℃です。
  • 耐摩擦性 常温大気中で密度2.0程度の石英ガラス膜へ転化します。常温大気中であれば約1ヶ月で表面硬度9H程度まで硬化します。
  • 親水性  水分となじみ、油分をはじく特性を活かし表面に付着する頑固な油汚れを、水洗いだけで簡単に落とすことができます。
  • 高耐久性 無機質という特徴を持っているため、紫外線などにさらされても劣化することはありません。また、酸に対しても高い耐性を発揮します。
  • 高薬品性 無機質という特徴を持っているため、紫外線などにさらされても劣化することはありません。また、酸に対しても高い耐性を発揮します。
  • 透明性  膜厚は1.0μ以下。その為素材感を損なわずに施工できます。また素材表面と化学結合することにより、高い密着性を発揮します。
  • 密着性  膜厚は1.0μ以下。その為素材感を損なわずに施工できます。また素材表面と化学結合することにより、高い密着性を発揮します。
  • 平坦性  マイクロメートルレベルの凸凹を埋めてしまうことで、物理的に汚れのこびり付きを防止し、塗膜の美観を維持します。

クオーツガラスコーティングは、ガラス膜を形成する新素材、「アクアミカ」を利用したコーティング剤。ボディーの塗装面にコートされると空気中の水分や酸素と化学反応を起こし、1μm以下の薄いSiO2(石英ガラス)の膜に変化します。

常温で硬化します。また、施工方法を選ばず様々なものに対するコーティング剤としてその優れた性能をいかんなく発揮します。

完全無機の石英ガラス質ですので、※10年以上の耐候性があります。(※環境・用途により異なります。)

※クオーツガラスコーティングはAZエレクトロマテリアルズ社(クラリアントジャパン)「アクアミカ」を使用しています。
クオーツガラスコーティングのクオリティー

コーティングの最重要ポイントは下地処理や磨きにあります。
詳しくはコーティングの【コーティングトップページ】【拘りの[磨き]ポリッシュ】を必ずご覧下さい!

  1. 当社では、コーティング施工者に徹底した施工授業をし 各コーティングメーカーと連携し確実な施工を行える技術を習得し各メーカーの正規施工店としてコーティング作業を行っております。
  2. 長年培ってきた板金塗装技術がありコーティングする下地塗装塗膜 コーティング剤のことだけでは無く重要な塗装塗膜をよく熟知した施工者が施工にあたります。
  3. 各コーティング剤の成分や特性まで日々実験し調べコーティング剤の特性を熟知しております。
  4. クオーツコーティングは吹き付けにより施工します。この吹き付けは塗装するのとほとんど変わらずボディーに均等に吹き付け細かな部分にも吹き付けていき 膜厚にムラがあってはいけません! 吹き付け技術は そう簡単に出来る物では ありませんよね。当社では日々ペイント作業もしている施工者が施工します。
  5. 当社では 重要なポリッシング作業の際 色々な機材や 特殊電灯や水銀灯 デイライトなどを使い細かな傷まで探し出します。
コーティングと一言で言いましても同じ施工をするならより良い施工店で施工する事をお勧め致します

使用する吹き付け用ガンにも拘り当社では、通常の板金塗装で使用するコンプレッサーやガンは使わずワーグナー社の業界トップクラスを誇る高塗着高率使用の低圧温風ガンを使用。
これを使用することにより 吹き付ける溶剤の周りにエアーカーテンを作り確実に高価な溶剤を無駄にする事なくボディーに溶剤を吹き付ける事を実現致しました。

グッドスピードのこだわり
コーティングのメリット
グッドスピードのこだわり
お店の選び方
PAGE TOP